機関紙 機関誌

機関紙 機関誌

機関紙(機関誌)の作成をお考えの方へ。特定の商品や企業などの宣伝広告や、ある情報を不特定多数の層に広めるための新聞などとは違い、政党や各種団体などの組織が、営利・非営利にかかわらず、その組織の見解などを世間に広報・宣伝するために、定期的に発行する媒体は「機関紙」と呼ばれています。新聞状であれば「機関紙」、雑誌形式であれば「機関誌」です。

似たことばに「公報」がありますが、こちらは専ら、非営利団体の発行する媒体を指します。営利団体が、たとえば顧客などに、自組織の情報発信・共有ツールとして発行するものが「機関紙」「機関誌」とされます。

機関紙が「広告」「新聞」などと違うところは、広告や新聞など、一定または不特定多数に、そのときどきの情報をタイムリーまたは状況に合わせて、受け取る側に沿う形式に直して発信するのに対して、その媒体を発行し続けた先に一定の目標をあらかじめ設定して、それに沿う内容を、内容に適した形式で発行し続けることです。

組織の情報発信・共有ツールではありますが、たとえば顧客とコミュニケーションを取ることは、機関紙の主目的ではなく、あくまでも最終目的のための途中経過と必要手段に過ぎない、ということです。

機関紙 機関誌

目的も構成も、広告や新聞などの媒体とは違いますから、掲載する情報の鮮度においても、とらえ方が変わってきます。広告や新聞などの媒体は、「情報は鮮度が命」ですが、機関紙は、たとえば10年前に発表した自社の見解を、関連する事項に合わせて、再掲載することもできます。その機関紙が目指すものが何であるかを考え、それを達成するために、発刊する機関紙において必要とされる内容が変わってくるので、情報の鮮度は、重要視されるものではないのです。

これから機関紙を発行しようとしている団体がいれば、上記に述べた、他の媒体との違いを、理解した上で、まずは目的を設定することから始めてみてはいかがでしょう。

機関誌作りでお悩みの方へ。当社では機関誌の企画から誌面デザイン、印刷まで、お客様のお手伝いをさせていただいております。機関誌の表紙のデザインやレイアウト、テーマでお悩みの方、労働組合や団体、大学、土木学会、老人ホームやソフトテニス、ソムリエ、ロボット、柔道、電機、道路、和菓子、行政書士、電気などの機関誌の作成や印刷をお考えの方、まずは一度ご相談下さい。機関紙(機関誌)の作成をお考えの方も是非どうぞ。

機関紙 機関誌

▲ 機関紙 機関誌 TOPへ

機関誌 機関紙 作り方 労働組合 印刷 表紙 デザイン レイアウト 季刊誌 ソフト ソフトテニス ソムリエ テーマ 機関誌とは ロボット 季刊誌 月刊 柔道 電機 道路 和菓子 行政書士 雑誌 大学 団体 電気 土木学会 老人ホーム 論文

運営会社:有限会社ゴルゴオフィス
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-9-8吉田ビル4F
TEL : 050-5885-7433 FAX : 03-5961-4564
Copyright(c) 2014 広報誌の製作・相談ドットコム All Rights Reserved.